糖質の少ないアルコールとは

糖質制限を行っている人にとって、アルコールは歓迎されるものではありません。しかし、ただでさえ色々と食べたい物を我慢している中で、1杯くらいお酒が飲みたい!!というときもありますよね。その気持ち、よくわかります。本記事では、糖質制限中に選ぶべきお酒の種類をご紹介します!

醸造酒

まず、なぜ糖質制限中にお酒がよくないのかというと、お酒には糖質が多く含まれているものが多いからです。サワーやカクテルなどの甘いお酒は明らかに糖質が含まれていると誰でも気付くと思いますが、実は甘くないお酒にも糖質は含まれているのです。糖質が多いアルコールの代表例は、「醸造酒」です。日本酒やビール、ワインなどがこれにあたります。参考に、100mlあたりの糖質量を下記に記載していますが、実際にお酒を飲むとしたらビール缶でも1本500mlあるわけですから、この5倍量の糖質を摂取してしまうことになるのです。そのため糖質制限中は醸造酒はなるべく控えるようにしましょう。

100mlあたりの糖質量

日本酒3.6g
ビール3.1g
白ワイン2.0g
赤ワイン1.5g
マッコリ1.5g
醸造酒の糖質量

蒸留酒

では、糖質の低いお酒はなんなのかというと、それは「蒸留酒」です。焼酎やウイスキー、ウォッカなどがこれにあたります。これらは糖質がほぼゼロなので、糖質制限中に向いているお酒であると言えます。

焼酎ジン
ウイスキーラム
ウォッカブランデー
蒸留酒一覧

特に、ウイスキーや焼酎のソーダ割り(ハイボール)はさっぱりして飲みやすいですし、糖質制限をしている人でなくても好んで選ぶ人が多いと思います。しかし、蒸留酒だからなんでも大丈夫だとは思わないでください。当たり前ですが、ジンジャーエールやコーラでウイスキーを割ったハイボールや、焼酎にシロップを足したサワー(ぶどうサワーやカルピスサワーなど)はもちろん糖質がたくさん入っています。蒸留酒であったとしても割りものには気をつけるようにしてくださいね。

また、お酒の怖いポイントとして、飲み過ぎて酔っ払ってしまった場合に自制がきかなくなってしまうという点が挙げられます。せっかく糖質制限を頑張ってきたのに、酔っ払ってどうでも良くなってしまって今まで我慢していたラーメンを食べてしまう…なんてことにならないように、飲酒量にも気をつけましょう。

アルコールがダイエットに良くない本当の理由

せっかく糖質制限中に飲めるアルコールをご紹介したあとに、残念なお知らせなのですが、糖質のない蒸留酒であったとしてもアルコールはダイエットに良いとは言えません。それは、ダイエット中にみなさんが頑張っている筋トレを台無しにしてしまうからです。 

なぜ台無しになるかと言うと、筋肉の分解を促進し、筋肉の合成が抑制されてしまうからです。お酒を飲んだ時に分泌される「コルチゾール」は、血糖値をコントロールするはたらきがあり、エネルギー不足を補うために各地でエネルギーの産生を促します。そのため筋肉からもエネルギーを取ろうと、分解させてしまうのです。また、筋肉を作るにはタンパク質が必要不可欠ですが、体がアルコールの分解にタンパク質を使ってしまうため、筋肉を作るタンパク質が足りなくなってしまいますし、タンパク質を筋肉に変えるはたらきのある「テストステロン」と言うホルモンの分泌が飲酒により阻害されてしまうのです。 

まとめ

本記事を参考にされている方はお酒の好きな方だと思います。お酒がダイエットや筋トレによくないと言う内容でがっかりされているかもしれません。しかし、何事においても正しい情報を得ることはとても大切なことです。アルコールがダイエットや筋トレに与える悪影響や、どういった種類のアルコールに糖質が多く含まれているのか知らなければ、気づかずに摂取してしまい、せっかくの努力が水の泡なんてことになりかねません。

きちんとした情報をもとに、悪影響について理解した上で適切な量とタイミングを考えてアルコールを選べば、そんな大失敗をしてしまうリスクを回避できます。例えば、タンパク質が足りなくなるので、つまみにはタンパク質が豊富なものを選んだり、ダイエットを始めたばかりで筋肉をどんどんつけていく段階ではお酒は我慢して、ある程度結果が出てから糖質の低いお酒を選んでみるなど、工夫次第でお酒も楽しんでいけます。ぜひ本記事を参考に、お酒との付き合い方を考えてみてくださいね。